太陽光発電の買い時

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

太陽光発電の買い時

 

 

 

太陽光発電を取り付けたいけど
いつ買ったら安く設置できるの?

 

 

このように買い時を迷われている方もいると思いますが
太陽光発電を導入したいと思っているなら
今導入したほうがいいです

 

 

その理由を説明していきます。

 

 

 

 

補助金

 

まず補助金です。
現時点では、地域によって違いますが
一般家庭に取り付ける4kWh分のパネルでは、
国の補助金都道府県の補助金市町村の補助金をあわせると
10万円〜50万円くらいの補助金を貰うことが出来ます。

 

 

しかし、太陽光発電の価格の下落と共に
毎年、補助金の額が下がっています。
例えば国の補助金を見てみると

 

 

2009年 1kWh当たり70,000円 4kWh280,000円
2010年 1kWh当たり70,000円 4kWh280,000円
2011年 1kWh当たり48,000円 4kWh192,000円
2012年 1kWh当たり30,000円 4kWh120,000円
       1kWh当たり35,000円 4kWh140,000円
※2012年は、システムの価格により30,000円or35,000円になる。

 

 

補助金は予算をともない、枠があるので
いつなくなってもおかしくありません。

 

 

ですから補助金がある間、
補助金が高い間に申し込む方がお得です。

 

 

 

 

売電

 

次に売電です。
お金の事を考えた時に
太陽光発電の大きなメリットは、余剰電力を
電力会社に売ることができることです。

 

 

2009年に余剰電力買い取り制度がスタートしましたが
2009年11月〜2011年3月の期間に
太陽光発電を設置した人は、10年間は、
1kWhあたり48円で買い取ってもらえます。

 

 

 

それが次の年になると
2011年4月〜2012年6月の期間に
太陽光発電を設置した人は、
1kWhあたり42円(10年固定)になりました。

 

 

 

そして2013年は、
1kWhあたり38円となっています。

 

 

資源エネルギー庁は、今後も買取価格を下げていき、
あと3〜5年で1kWhあたり24円まで
下げる目標を立てています。

 

 

これは、めちゃめちゃ大きくて、
太陽光発電を設置したある家庭では、
1年間に約5000kWhを売電しています。
その家庭は、申し込んだ時、1kWhあたり48円だったので

 

 

5000kWh × 48円 = 24万円

 

 

なので年間24万円も
売電だけで利益を得たことになります。

 

 

しかしこれが現在の38円だと

 

 

5000kWh × 38円 = 19万円

 

 

3〜5年後の24円だと

 

 

5000kWh × 24円 = 12万円

 

 

となってしまいます。
10年固定なので10年で見ると

 

 

48円の場合 240万円
38円の場合 190万円
24円の場合 120万円

 

 

早く申し込んだほうが明らかにお得です。

 

 

さらに原発問題の影響で
今後電気代が高くなるのは、明らかです。

 

 

早く太陽光発電を導入しておけば
多くの人が高い電気代を払わせられてる時に、
何も気にしなくていいのです。

 

 

太陽光発電を導入した時点から
償却がはじまります。

 

 

そして7年〜10年くらいで
償却が終わり、あとは、利益です。

 

 

ですから太陽光発電の導入をしたいのに
迷っているなら早めに申し込みましょう。

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。