太陽光発電の自然災害に対する耐久性

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

太陽光発電の自然災害に対する耐久性

 

 

太陽光発電の導入を検討する時に、

 

「自然災害で壊れたらどうしよう。。。」

 

と心配されている方もいると思います。

 

 

しかし、メーカー各社共に
自然災害に対する対応は、されているので
滅多なことがない限り心配しなくても大丈夫です。

 

 

落雷

 

太陽光発電のパネルがあるからといって
落雷を受けやすいということは、ありません。

 

 

また、落雷による被害は、直接落雷よりも
間接的に誘導電流が流れて受ける被害のほうが多いです。

 

その対策として室内に設置するパワーコンディショナーには、
避雷器が組み込まれており、、
誘導電流対策もきちんとされています。

 

 

地震・台風

 

地震や台風でモジュールが取れないように
ねじれ、振動などの試験を繰り返し、設置されています。

 

モジュールの取り付け強度も
建築基準法にもとづき
強風にも耐えられるように設計されています。

 

 

ひょう・あられ

 

太陽光発電のモジュールの耐衝撃性能は、
一般的な屋根と同じです。

 

 

表面の強化ガラスもJIS企画に基いていて
1mの高さから227g直径38mmの硬球を落としても
耐えられるようになっています。

 

 

ですからひょうやあられくらいでは、
割れることは、ありません。

 

 

塩害

 

海に近い地域では、
塩害対策がされたモジュールや架台を
使用することになっています。


私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。