シャープの概要と特徴

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

シャープの概要と特徴

 

 

シャープは、
太陽光発電に関しては、約50年の歴史があり
日本のメーカーの中で
太陽電池の累計生産第1位です。

 

 

1959年から太陽光発電の開発を始め

 

  • 住宅用
  • 灯台
  • 人工衛星
  • 世界各地のメガソーラー発電所

 

など様々な分野で実績を積んでいます。

 

 

1959年に太陽電池の開発に着手
1960年に太陽電池付トランジスタラジオの試作に成功
1963年に太陽電池の量産化に成功。
1966年に長崎県尾上島に当時世界最大の225Wの灯台用太陽電池を設置。
1967年に宇宙用太陽電池の開発に着手。
1976年にシャープの太陽電池を搭載した実用衛星うめの打ち上げ成功。
1976年に初の太陽電池付の電卓EL-8026を発売
1998年に石川県工場試験場に世界初の融雪機能付き太陽光発電システムを設置。
1999年に新エネルギー大賞・通商産業大臣賞
2000年に太陽電池生産量が世界一になる。
2000年に業界で初めて太陽電池モジュールの多様なレイアウトに対応可能なパワコンを開発
2005年にエネルギー環境教育情報センター「運営委員長奨励賞」を受賞
2005年に第14回「地球環境大賞」経済産業大臣賞
2006年に太陽光で発電した電気を蓄電池に加えたソーラー照明灯を開発
2007年に第4回エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞
2007年に「eco japan cup 2007」の 環境ビジネスアワードを受賞

2008年に「ソーラー・LED照明灯」「ワンセグチューナーモジュールワンセグ携帯電話群」が新聞社2大製品賞を受賞
2009年に第2世代薄膜太陽電池モジュールが2大新聞社新製品賞を受賞
2010年にシャープの太陽電池の商業化および産業化がIEEEマイルストーンに認定

 

 

 

 

シャープといえば
ルーフィット設計です。

 

 

形の異なる4種類のモジュールを組み合わせて
自由度の高い設計が可能なので
寄棟屋根でもすっきり設置できます。

 

 

また雪が多く降る地域にも対応したモジュールを用意しています。
雪が積もった場合の重荷試験もしてますし、
雪が滑り落ちてモジュールの下の方に偏った場合なども
想定した実験もしています。

 

 

他にもwebモニタリングサービスがあり、
専門の担当者がインターネットを通じて
システムの監視と定期診断をしてくれるようになっています。

 

 

シャープの太陽光発電は、
ハウスメーカーでも多く採用されています。

 

 

シャープの保証は、

 

  • モジュール
  • パワーコンディショナ
  • 電力モニタ
  • 架台・ケーブル
  • 電力センサー
  • 開閉器・ストリングコンバータ

 

を10年間保証。

 

 

さらに、モジュールの出力値も10年間保証となっています。

 

 

長い期間保証を希望する場合は、
有償の「15年保証」もあります。

 

 

また、自然災害などで機器に損害があった場合
200万円まで修繕費を補償してくれます。

 

 

建物が火災・ 台風・水害などで
20万円以上の被害を受けた場合も
10年間、最大50万円まで支払いを受けることが出来ます。

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。