サンテックパワーの概要と特徴

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

サンテックパワーの概要と特徴

 

 

サンテックパワーは、2001年に中国で創業した会社です。
中国というとイメージが悪いかもしれませんが

 

 

世界80カ国以上で
2500万枚以上のモジュールを納入した実績がある
世界的な企業です。

 

 

世界で一番上場が難しいとされるニューヨーク証券取引所で
中国で初めて上場した会社です。

 

 

アメリカのマサチューセッツ工科大学が出版する
「Technology Review」でも
最も革新的な技術を持つ会社50社に選ばれています。

 

 

2005年にニューヨーク証券取引所に上場
2006年に日本で中堅クラスの太陽光発電モジュールメーカー凱SKを買収。
2006年に買収した凱SKをサンテックパワージャパン鰍ニしてモジュール販売事業を開始。
2008年に結晶系モジュールの年間生産量世界1位になる。(その後、4年連続1位)
2011年に年間生産量、年間出荷数、累積設置量の3つで世界1位を達成。
2012年にトップブランドPVを受賞

 

 

サンテックパワーの住宅用のモジュールの製品は、
サンクリスタルWdブラックレーベルWdbです。

 

 

共に、単結晶セルを採用していて、
住宅用の太陽光発電モジュールとしては、
最大クラスの出力となっています。

 

 

サンテックパワーでは、保証も充実していて、
日本全国に170箇所のサービスセンターがあり、
国内最長となる25年間の出力保証をつけています。

 

 

ソーラー・パネル、パワーコンディショナなどの
システムの保証は、10年間です。

 

 

また火災、落雷、雪災、風災、水災などによる
自然災害補償もついていて
モジュールやパワコンが自然災害にあった際も
1回の補償が200万円未満であれば
何回でも補償が受けられます。

 

 

屋根漏水補償も200万円までは、
何回も受けることができます。

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。