三菱電機の概要と特徴

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

三菱電機の概要と特徴

 

 

三菱電機は、1974年から太陽光発電の研究を始め、
現在では、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、表示装置まで
太陽光発電システムを構成するすべての商品を自社で作っています。

 

 

1974年に太陽光・熱の有効活用に関する研究開発をスタート
1996年に住宅用太陽光発電システム事業に参入
1998年に太陽光発電システム工場を設立
2001〜2010年まで1年毎に設備増強を重ねる。

 

 

三菱電機の特徴としては、
太陽電池モジュールは、一般的な長方形のモジュールだけでなく、
台形、ハーフ、スリム、スリムハーフと
様々な形状のモジュールが用意されているので
屋根のスペースを有効活用できます。

 

 

また、塩害地域での設置を考慮した
3層構造のバックフィルムを採用し、
フレームやネジ類にも耐久性メッキを使っています。

 

 

自社で作っているパワーコンディショナは、
電力変換ロスを44%も低減し、
業界で最高の変換効率を誇っています。

 

 

また、総合家電メーカーとして

  • エコキュート
  • IHクッキングヒーター
  • ヒートポンプ式床暖房システム

などのオール家電と太陽光発電の組み合わせで提案しているのも
他のメーカーと違った特徴です。

 

 

三菱電機の保証は、
2012年10月1日以降の保証書発行分は、出力保証は、20年。
パワーコンディショナなどのシステム保証が10年。
発電モニタが1年となっています。

 

 

その他のソーラパネルは、出力保証は、10年。
パワーコンディショナなどのシステム保証が10年。
発電モニタが1年となっています。

 

 

自然災害の補償は、有料で
加入した場合、自然災害などにより機器に損害があった場合は、
200万円を上限に修繕費が補償されます。

 

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。