電気代を多く使う家電製品

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

電気代を多く使う家電製品

 

資源エネルギー庁の
家庭で使用する主な電気製品の定格消費電力
という調査で公開されていた表から
消費電力の高い順で書きだしてみました。

 

 

これは、あくまでも一例であり、
実際は、どの製品を選ぶかや使い方によって多少変わってきます。

 

 

  1. IHクッキングヒーター(3口)
  2. 電子レンジ
  3. アイロン
  4. ジャー炊飯器
  5. 浴槽乾燥機
  6. 温水洗浄便座使用時
  7. ホットプレート
  8. 洗濯乾燥機(乾燥)
  9. エアコン
  10. オーブントースター
  11. ドライヤー
  12. 掃除機
  13. 食器洗い乾燥機
  14. 電気ポット(沸騰時)
  15. 洗濯機
  16. ホームベーカリー
  17. 冷蔵庫
  18. プラズマテレビ
  19. 液晶テレビ
  20. 蛍光灯照明器具
  21. ゲーム機
  22. マッサージチェア
  23. 白熱灯
  24. パソコン
  25. 換気扇
  26. 扇風機

 

 

IHクッキングヒーター(3口)が5800Wでダントツ1位でした。
次に電子レンジとアイロンが1400Wで続きます。
掃除機、ドライヤー、オーブントースターが1000Wくらいです。
洗濯機が400Wくらいです。

 

 

資源エネルギー庁の
省エネ性能カタログ2012年夏版で
家庭における機器別エネルギー消費量の内訳がかかれていました。

 

 

それによると

 

  1. 冷蔵庫  14.2%
  2. 照明器具 13.4%
  3. テレビ    8.9%
  4. エアコン   7.4%

 

 

この4つが上位を占めているので
冷蔵庫の設定を中にして
開け閉めの回数や開いた時間を減らすなどする。
照明器具を必要ないところでつけないようにする。
テレビを省エネモードにする。
エアコンの温度を上げたり、除湿にする。

 

 

このような節約を心がけましょう。

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。