太陽光発電のクーリングオフについて

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

太陽光発電のクーリングオフについて

 

 

太陽光発電の契約をする時は、
じっくり時間をかけて、
十分に納得してから契約しましょう。

 

 

詳しい説明やこちらの疑問点を解消する前に
契約を迫ってくる業者は、
その時点で疑ったほうがいいです。

 

 

国民生活センターにも
太陽光発電の訪問販売に関する相談が
数多く寄せられています。

 

 

訪問販売業者は、契約を急がせる業者もあるので
つい契約してしまい、あとでトラブルになることも多いです。

 

 

太陽光発電システムに関しては、
クーリングオフは、訪問販売が当てはまります。

 

 

販売店などでの契約は、対象外になります。

 

 

クーリングオフは、特定商取引法に基づく法律で
契約した日から8日以内に
書面で通知すれば
無条件で契約を解除できます。

 

 

ただし、書面で通知が必要なので
早めに行動しなければいけません。

 

 

少しでも不安があるなら
国民生活センターに電話して
どう対処すればいいか相談してみましょう。

 

 

もし、クーリングオフの期限を過ぎてしまっていても
業者が発電効率を偽っていたなどの
違法な勧誘行為により、契約をさせられたのであれば
解約することができます。


私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。