太陽光発電は、お金の面でもお得

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

太陽光発電は、お金の面でもお得

 

 

太陽光発電は、お金の面でもお得です。

 

 

十年前までは、導入コストが高いし
発電量も低かったので割に合いませんでしたが
最近は、違います。

 

 

3〜4kWの物なら
180万円くらいから導入出来ます。
車の買い替えと同じくらいの値段ですね。

 

 

ただし、車と違うのは、消耗品というより
投資として考えられることです。

 

 

多くの場合が10年くらいで元が取れますし
元が取れれば後は、発電量によりますが
毎月払う電気代をほとんど払わなくてよくなります。

 

 

そして電気代は、将来上がると見られています。
原発停止や限られている化石燃料の価格高騰から
毎月の電気代が上がるのは、間違いないでしょう。

 

 

電気料金が上がれば上がるほど
初期費用の回収が早くなりますし、

 

 

将来、多くの人が負担を強いられている時に
太陽光発電を導入している人が
「電気代なんか関係ない」と喜んでいる表情が浮かびます。

 

 

 

 

また、毎月請求される電気代の中に
「太陽光発電促進付加金」というのがあります。

 

 

太陽光発電促進付加金というのは、
太陽光発電の余剰電力を国が買い取るための費用を
買取額に応じて国民全体で負担することになっています。

 

 

太陽光発電を使っていないのに
この費用を負担したくないと思う人も多いでしょう。

 

 

最近は、購入するための良い条件も揃っています。

 

  • 太陽光発電の価格も下がってきている。
  • 導入時に国や自治体の補助金もある。
  • 2011年から1kWhあたり42円の買取もある。

(10年間固定)

 

 

初期費用は高いですが10年で元がとれますし、
少しのメンテナンス費用で
さらに10年、20年と使い続ける事ができます。

 

 

家を立ててこれからずっと住み続ける人には、
太陽光発電は、とても良い投資といえるでしょう。


私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。