太陽光発電は、停電の時に便利

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

太陽光発電は、停電の時に便利

 

 

太陽光発電は、停電の時に便利です。

 

 

地震や台風で電線が切れたりして
電気が使えなくなることがあります。

 

 

そういった状態が何日香続くこともありますが
太陽光発電があれば大丈夫です。

 

 

もし停電が起こったら
主電源のブレーカーと太陽光発電のブレーカーをoffにして
室内にあるパワーコンディショナーのスイッチを自立運転にするだけで
非常用の電源として使うことが出来ます。

 

 

ただし、この場合、
通常のコンセントは、使えません。

 

 

パワーコンディショナーの右側に
AC電源のコンセントがついているので
そこに延長コードをさして、
様々な家電機器をを使うことになります。

 

 

注意が必要なのは、
非常用コンセントから供給できる電力は、
パワーコンディショナー1台につき、
1.5kW(1,500W)が上限となっています。

 

 

1.5kWを超えると容量オーバーで
電力が遮断されて、すべてが落ちてしまいます。

 

 

例えばタコ足配線で
電子レンジとノートパソコンとテレビを
同時に使用しても1000Wくらいなので大丈夫です。

 

 

こんな事は、無いと思いますが
800Wの電子レンジを2台同時に使うと落ちてしまいます。

 

 

また、その時の発電の出力が1500W以上ないとダメです。
天気が晴れていればいいですが
曇の場合ですとテレビくらいしか使えない事があります。


私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。