太陽光発電のディメリットについて

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。

太陽光発電のディメリットについて

 

 

初期費用が高い

 

太陽光発電の1番のディメリットは、
やはり初期投資の費用でしょう。

 

 

補助金を含まない金額だと
4kWのシステムで
200万円から250万円程かかります。

 

 

それを回収するまでに
約10年かかるので
この10年をどう見るかというのは、
人によって違うでしょう。

 

 

現在住んでいる家に10年以上済むのであれば、
そこからは、利益になるわけなのでかなりお得です。

 

 

しかし、ずっと住み続けると思っていて
太陽光発電を導入してみたが
実際は、5年で引っ越すことになったということもありえます。

 

 

しっかり将来の自分の姿を想像してから
導入を検討しましょう。

 

 

自然の影響を受けやすい

 

次に自然の影響を受けやすいという点です。
当然、雨が降ったり、曇っていると
発電量がかなり落ちますし、

 

 

太陽光パネルの上に何か乗ってしまうと
発電が難しくなります。

 

 

雪の多い地域ですと
融雪機能付きのパネルがあるので
積もった雪をある程度電熱線で溶かす事が可能ですが

 

 

太陽光パネルは、普通の屋根より滑りやすいので
落雪が起こりやいです。
それにより車や人的被害が起きている事例があります。

 

 

雪が多い地域で
太陽光パネルを設置する時は、
事前に施工業者に相談して
落雪止めなどの対策をしておきましょう。

 

 

また鹿児島県の桜島では、
火山が噴火して火山灰が積もります。

 

 

太陽光パネルの上に積もると
それを取り除かなければ発電できません。

私が実際に太陽光発電をつけてみた時の記録は、こちらでまとめています。